calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

categories

▼drama CD/ダブル・バインド 2

2011年12月21発売
原作:英田サキ

森川智之:上條嘉成
興津和幸:瀬名智秋

▼drama CD/好きというのになぜかしら

2011年12月10日発売
原作:阿部あかね

武久:森川智之
由一:前野智昭

▼drama CD/オレンジのココロ−トマレ−

2012年発売予定
原作崎谷はるひ

栢野志宏:高橋広樹
相馬朗:代永翼

▼drama CD/心臓がふかく爆ぜている

2011年12月22日発売
原作:崎谷はるひ

降矢信仁:森川智之
齋藤弘:福山潤

▼drama CD/あめの帰るところ

2012年発売
原作:朝丘戻。

能登匡志:日野聡
椎本千歳:梶裕貴

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

軍服の愛妾/あさひ木葉・小路龍流

評価:
プランタン出版
¥ 580
(2006-07)

アマゾンレビュー大分評価高いですね。驚きました。
確かに小路龍流の挿絵は素晴らしかったんですけど。。。

まず、ほぼ全域に渡って脱いでるため、軍服の意味はほぼないと言っていいです笑
本当にただ軍服が書きたかっただけなのかなー

しかしひとえに軍人と言っても、背景は色々あるはずだが…これは時代設定がよくわかりませんですた。にレトロな雰囲気だったけど、わかるように書いてほしい。軍の設定が綿密なだけに、もっとうまく活用することもできた筈。

嘘と真実と恋の味/高槻かのこ・祭河ななを

評価:
リーフ出版
---
(2004-10-05)

序盤、鳥羽の下心がはっきり見えすぎて入り込めない。湊への近づき方が軽いし端的過ぎるのかな??どちらにせよ、鳥羽は前半と後半でキャラのズレが生じているため、前半のタラシっぽい雰囲気が何故なのかよくわかりません。後半ではただの天然のようになってしまっています。
一方、湊は鳥羽のどこを好きになったのだろう。一緒に居れば情が移るというレベルなのか、イマイチ掴めない。

しかしこの鳥羽の本命というのがポイントで、私は鳥羽とこの人との関係が案外に好きである。リアリティがあるし、嫌われ役を持ってくるよりも遥かに説得力があると思います^^


官能小説家/藤崎都・蓮川愛

評価:
角川書店
¥ 540
(2006-02-28)

例の如く拝借してきたものですが。表紙からして私は絶対に手に取らない一冊。
なかなか、BLって本でした。

読みやすいし雰囲気も良い。
展開もありきたりだが途切れ途切れではないので最後まで読めました。
背景を書くのが少し拙いかな。周りの雰囲気や家の中の間取りがイメージできる作家さんは本当に読んでるだけでも浮かんでくるがこれは少し足りなかったと思います。ただ説明すればいいってもんではない…

最後の方で何故先輩は本性を出してしまったのかと不思議。
何もせずに素直に引き受けておけば自分は美味しいとこばっかり貰って丸く収まる展開だったのに、自分で自分を滅ぼしている…ただのヒールということでしょうか?

迷走迷路/桃さくら・奈良千春

評価:
竹書房
¥ 600
(2004-07-24)

表紙に三人載ってるために遠ざけてた一冊。
雰囲気は少し田舎臭い感じで、田舎独特の壮大で緑が深い部分も感じられます。さり気なくたくさんの色が出てくるので、作品の題材にも沿っていて好印象。

序盤の始まり方は穏やかで読み易い。
が、もう少し如月さんのキャラを全面に出して欲しいかなぁ。男っぽくて大人で格好良いのはわかるんだけれども、ラストで漸く彼のピースが繋がったので。
それと、希を見ていると如月の行動の無さが不思議で不思議で。もう少しアピールとかあっても良いんじゃないかな。伏線なしで突然如月登場だったので、びっくりします。

中盤まで小太郎はひたすら流され。私は流され受好きだからいいんですが、どっちつかずな主人公に苛々する人も居るかも。
後半から出てくる大きな出来事は「もう一味ほしいので付け加えた」感じが否めません。そして題材に出てくる絵が、ラストでどうなったのか曖昧で残念。もうちょっと深く書いて欲しかった。

本の裏表紙やアマゾンで見るあらすじは、かなりニュアンスが違う感じがします。
小太郎はほとんど全てに対して純粋で流されてしまう傾向にあり、甥と付き合っている事実も曖昧な上、如月に脅される場面も曖昧。っていうかあれ脅しだったの?脅してるように感じなかった。
私もまだ良さが掴めてないので、安かったら読んでみてください。そして感想聞かせてください。

奈良さんの絵は今とは一味違う、少し昔風。でも綺麗。
終わりに奈良さんによる漫画が2ページだけあります。かなり可愛い。

純愛本能/柊平ハルモ・高永ひなこ

評価:
海王社
---
(2006-06-30)

此方も友人から拝借。
彼女は私好みの本をかなり持っていらっしゃる。
ブルーサウンドにも負けず劣らず年季の入った八年の恋。
ツンデレの極みともいえる気がします。

至るところでツンデレの象徴と言われているこの作品ですが、夏生に対しての達哉はどちらかというとツンツンデレくらいの割合です。ツン多し。(個人的にはそんな彼はとても好き)
何処にでもあるような設定ですが、話の展開がとてもうまいなぁと思われました。特に始まりからの時間軸の移動等、回想シーンが効果的に使われていると思います。
イラストも綺麗、な上にナナが可愛い。ごくごく自然に、楽しんで萌えさせてもらいました。


スイート・ポジション/篁釉以子・祭河ななを

評価:
リーフ出版
---
(2006-08-01)

此方も友人から拝借。
期待してなかったんですが、良かった。

ストーリーは本当に一般的なBLで、どこにでもあるような展開。
ですが智之は一途で素直で可愛いし、木津も何処となく自分を計りきれてなくて、現代の子供を象徴しているような二人が徐々に自分を知っていく、過程は綺麗でした。
過度のブラコンは少し苦しいですが、それ以上のものがありました。

番外編『アナザー・ポジション』も個人的には凄く好き。
ストーリーはあすま理彩先生の『かりそめの恋人』と同じような、感じ、なのかな。『かりそめ〜』では大人の魅力溢れるセフレでしたが、こちらは少し大人しめで可愛らしい二人です。

<< | 4/5PAGES | >>