calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

categories

▼drama CD/ダブル・バインド 2

2011年12月21発売
原作:英田サキ

森川智之:上條嘉成
興津和幸:瀬名智秋

▼drama CD/好きというのになぜかしら

2011年12月10日発売
原作:阿部あかね

武久:森川智之
由一:前野智昭

▼drama CD/オレンジのココロ−トマレ−

2012年発売予定
原作崎谷はるひ

栢野志宏:高橋広樹
相馬朗:代永翼

▼drama CD/心臓がふかく爆ぜている

2011年12月22日発売
原作:崎谷はるひ

降矢信仁:森川智之
齋藤弘:福山潤

▼drama CD/あめの帰るところ

2012年発売
原作:朝丘戻。

能登匡志:日野聡
椎本千歳:梶裕貴

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

さよならを言う気はない/英田サキ・北畠あけ乃

評価:
大洋図書
¥ 903
(2006-05-26)

二人の関係が本当に少しずつ変わるところが良かった。
「バカな犬ほど可愛くて」と作者が一緒などとは誰も思うまい。期待したよりも断然面白い。
こんなのが書けるんなら、なんで常に書かないのかが不思議。。。


バカな犬ほど可愛くて/英田サキ・麻生海

評価:
海王社
¥ 590
(2006-07-28)

最初の50ページは凄く良かった!
でも、残りがどうにも楽しめない。話の進行がごく一般的すぎる感じで、こういうのは英田さんじゃなくても読めると思ってしまいました。。。
英田さんに期待しているものが昇華されないのが残念です。

誤字脱字が多いらしい。私は全く気付かなかったけど(!)

ラブ・シェイク―恋のカクテル召し上がれ/英田サキ・タカツキノボル

評価:
プランタン出版
---
(2005-11)

借り物ですが。これは…ちょっとねUu
英田さんといえばもう少し深いお話を書かれる人と思っていたので、残念。

英田さんの文章はもっと違う印象を持っていたんですが、今回のお話は今までの様な雰囲気は微塵も感じられませんでした。
全体的にご都合主義なストーリー設定で、読んでいて苛々します。展開もかなりベタで、ただ好きという気持さえあれば何を書いても良い、という印象を受けました。

また、秋良が未成年でバーテンダーをしているという微妙な年齢設定の意図が不明。大学にまともに行っていない、ということ以外、秋良自身についての文章があまり無く、彼の性格が全くわかりません。その上、話の大部分が檜垣との二年前のいざこざを何度も繰り返しているので、正直飽きがきます。

後半部分では秋良の父親である代議士が登場しますが、親というものの存在自体が軽い。
個人的には背後で登場する灰原と加瀬のアダルトカップルの方が興味がありますが、そこに触れられることもなくお話は終わってしまいました。
エスを書いた人とは思えない一作。。。残念です


夜が蘇る/英田サキ・山田ユギ

評価:
プランタン出版
---
(2005-08-10)

ヤクザものは苦手なんだけど…折角借りたから読んでみた。

恋人を亡くした秋津と、秋津の中にある隙間を埋めようと入り込んでくる久我の攻防戦。秋津の感情の波は情緒的に且つストレートに表現されていて読みやすかったです
途中は「挿れるな」「挿れさせろ」のオンパレード。
物足りない感じは少々ありますが、構成自体は何の疑問もなくスムーズに読める作品です 事件の当人は誰なのか、はちょっと安直過ぎるかなぁ。。。半分も読まずに気付いてしまうと後の楽しみが半減…
何処にでもあるようなストーリーだが、平凡に終わらなかった(綺麗にくっついてハッピーエンドではなかった)ところだけが少し意表をつきました

<< | 2/2PAGES |