calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

categories

▼drama CD/ダブル・バインド 2

2011年12月21発売
原作:英田サキ

森川智之:上條嘉成
興津和幸:瀬名智秋

▼drama CD/好きというのになぜかしら

2011年12月10日発売
原作:阿部あかね

武久:森川智之
由一:前野智昭

▼drama CD/オレンジのココロ−トマレ−

2012年発売予定
原作崎谷はるひ

栢野志宏:高橋広樹
相馬朗:代永翼

▼drama CD/心臓がふかく爆ぜている

2011年12月22日発売
原作:崎谷はるひ

降矢信仁:森川智之
齋藤弘:福山潤

▼drama CD/あめの帰るところ

2012年発売
原作:朝丘戻。

能登匡志:日野聡
椎本千歳:梶裕貴

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

映画館で逢いましょう/鳩村衣杏・山田ユギ

評価:
二見書房
¥ 580
(2003-11-27)

私にとっては鳩村衣杏初作品。なかなか良かったですー
中盤のどっちつかずな想いはいろいろと考えさせられたし、仕事の重きもあったし。。。
ただ、設定は色々とお粗末な点が多いし、気持ちの変化もはっきり示されてないのでモヤモヤ… 終わってもはっきりしないことが多かったため、(家族問題とか)次作に期待!です。
とりあえず買い控えていた「秘書の嗜みを」、読んでみます

山田ユギは黒髪×黒髪をしてくれるからとても好きですー

好きと言えなくて/小川いら・北畠あけ乃

評価:
フロンティアワークス
¥ 540
(2006-06-10)

軽い大学生と流される堅物(ヘタレ)が好きな方に。

北畠あけ乃挿絵作品、天使は愛で堕ちていくに続き絶好調ですww
展開はありがちでしたが工夫しているし、雰囲気が良くて流れが全く途切れませんでした。
かなり好きな部類。
キャンパスライフが嫌いな方、ゆったりした雰囲気が苦手な方にはオススメしませんが、天使は〜が好きな方は好きだと思う。

そして最後と、最後から二番目の挿絵は順番が逆だと思うww

2007下半期 二度と読まない作品

∴黒い夜の陰謀/あすま理彩・音子
設定から展開からもう全てがダメダメ。あすま理彩ちょっとは信用してたのにこんなものを読ませるなんて…ラヴァーズの底が知れた。もっとプライドをもって仕事をしてほしい。

∴凍る月〜漆黒の情人〜/夜光花・高橋悠
こういうのが好きな人向けの作品。残念ながら私は違う。

2007上半期 二度と読まない作品

∴傲慢な恋人/魚谷しおり・佐々木久美子
私は安価で購入したからよかったものの、定価で買った人はきっと憤慨するに違いない。初めて読んだ作家だったが、もう二度と買わないだろう。

∴闇色のドルチェ・ヴィータ/神奈木智・海老原由里
ラヴァーズもとうとう堕ち始めたか。こんなものを出版するなんて気が知れない。

∴ベリアルの誘惑/ふゆの仁子・高階佑
優秀な弁護士と検事。わけありの二人は一晩だけの関係を持つ…エロティックラブらしいのだが濡場に魅力を感じなかった。最近のふゆのはもう下降気味である。
加えて高階佑のイラストが英田サキ「DEADLOCK」のときとは全く違う。手抜きなのか?とても残念だ。
ふゆのは弁護士作品が多い。勤めていたらしいから得意なのだろうが、彼女の弁護士ものにはもう飽きた。

∴不器用な純情/岩本薫・円陣闇丸
特にここがだめということもない極々一般的なBLノベル。しかし円陣闇丸にしては表紙がお粗末である。

∴華麗なる落札者/新井諒・円陣闇丸
もう何も言うまい。

上半期07

リスタート どうせ、めろめろ 浪漫豪奢 ディア・グリーン 瞳の追うのは 恋は乱反射する。―0 or 0《恋がはじまる》 悩むほどなら恋とよべ! (あすかコミックスCL-DX)

キャラメルビターの恋人/うえだ真由・麻々原絵里依

評価:
幻冬舎コミックス
¥ 540
(2006-11-15)

展開はありきたり、でも心情の表現が巧かったです。
濡れ場を使って表現するのははるひん以来なので、ちょっぴり嬉しい気がします。こんな使い方すれば、濡場をはしょったりしなくてすむのにねん。
インテリアデザイナーは、まあ特に目立っていませんでした


<< | 2/5PAGES | >>