calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

categories

▼drama CD/ダブル・バインド 2

2011年12月21発売
原作:英田サキ

森川智之:上條嘉成
興津和幸:瀬名智秋

▼drama CD/好きというのになぜかしら

2011年12月10日発売
原作:阿部あかね

武久:森川智之
由一:前野智昭

▼drama CD/オレンジのココロ−トマレ−

2012年発売予定
原作崎谷はるひ

栢野志宏:高橋広樹
相馬朗:代永翼

▼drama CD/心臓がふかく爆ぜている

2011年12月22日発売
原作:崎谷はるひ

降矢信仁:森川智之
齋藤弘:福山潤

▼drama CD/あめの帰るところ

2012年発売
原作:朝丘戻。

能登匡志:日野聡
椎本千歳:梶裕貴

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

おうちのルールで恋をしよう/高月まつり・海奈

評価:
竹書房
¥ 600
(2006-07-22)

最近コテコテを読みたくなる率が高くなってきているのは何故だろう。そしてそんなときに高月さんの新刊を見ると、ついつい手が伸びてしまう。コテコテだから。
金ないのに。

ボディガードで懲り懲りしましたが、こちらはこちらで面白かった。
クールビューティーなんていいますが、彼は単に天然なだけなんじゃないのか?天然攻が好きな私にはツボでしたが、皆さんはクールビューティーに惑わされないように気をつけて。
流され受は健在。

軽快なテンポがとても読みやすく最後まで一気に読み終えました。海奈さんの絵がとても綺麗で、数ページ目から既に頬が緩みます。笑
浩一郎が心から大切に思う浹との関係に悩んだり、ちょっかいを出してきた浹の実の父親に目を付けられたりとバタバタ展開していきます。そして浹は絶対にただの天然攻です。
最後の方もまとまりがよくて読み終えたあとはすっきりします。楽しく読ませてもらいました。

ボディガードは口説かれる/高月まつり・蔵王大志

評価:
角川書店
¥ 540
(2005-07-30)

コテッコテのBLが読みたい。というわけで安価だったので買ってきました。
あらすじを見て買ったところ、残念ながらイメージと違いました。しかし全体的にテンポがとても軽快です。


普段は冷静で表情を全く変えない村瀬が、段々と心を開く、ならまだしも、出だしから心中とのギャップの激しさに少し引いてしまう。一方レオンはメディアの前では気品溢れるハリウッドスター、智弘の前ではただの駄々をこねる子供のよう。
差をつけるのはわかりますが、片方だけで良かったかも。

高月さんの作品は心の叫びをそのまま表記する場合が多いですが、今作はちょっと多すぎる。マミちゃん、面白いけど…所詮はそういう役割だったんだな、と。
もう一つ包み隠さずに言うと、今作、濡場が薄い!多いと言えば多いんだけど…伯爵を読んだ後に読むと、物足りない。高月さんに期待しているのは其処なんだけど…

高月さんの本はテンションの高さでぐいぐい持っていかれるので、気分が落ち込んでるときや苛々しているときに読むのが最適ですねww

仁義ある密愛〜究極の美髪を求めて〜/高月まつり・富士山ひょうた

評価:
プランタン出版
---
(2005-11)

毎度の事ながらお手上げです。
敵対する幹部と幹部のアダルトカップルのお話。
ヤクザモノ、と一括りにしてテンションだけで乗り切る感じはこの人でなければ書けない気がします。

全体的に読みやすくなっていたので一回で読めました。設定については、この人たち、そんなに敵対してるかな、と疑問を抱きましたが、別段気にしませんでした。読んでみるとわかりますが、対したことじゃありません、きっと。笑
フェチものには付き物な「本体は好きじゃないのか」というもやもやした正宗の心情と、挑発する雪路の駆け引き染みた恋愛模様がとても素敵。大人っていいなぁ。

しかし最後の最後では正宗の心情がわかりにくい気がします。自分から行動に出して欲しかったなぁ。あ、裕一郎さんには是非数年の間だけでも恋人を作って差し上げてと願うばかりです。
今回のイラストが増して美麗なのはきっと私の好きな30代だからでしょうか。若干目元に皺がある感じが好きです。正宗も綺麗で驚きました。富士山さんのイラスト好きです。

伯爵様は秘密の果実がお好き/高月まつり・蔵王大志

評価:
プランタン出版
---
(2004-07-09)

伯爵様シリーズ第三弾。
今度はエドの実家に!旅立つ前の濡場が素敵でした。

晴れてエドと恋人になった明がエドの実家に二人で行くお話。いつも以上に割り切って楽しんで読みました。相変わらず会話のテンポが凄く良い。ふっと笑ってしまうエドの可愛さが所々に見られます。
前作で匂わせていた人々が実際に出てきたり、可愛い女の子が出てきたりと忙しいのに楽しい構成になっていて、マンネリな感じを少しも感じさせません。
明の真剣な悩みもさながら、それを感じ取って理解しているエドの大人な部分も多々見えて、シリアスも組み込んだ作品でした。
毎回思うのですが、やっぱりお寺のあの人素敵ですよね。
お気に入りはトイレの中の濡れ場。ああいうの凄いぐっときます


恋愛仁義〜俺の背中に手を出すな!〜/高月まつり・富士山ひょうた

評価:
プランタン出版
¥ 580
(2004-02)

美背中がテーマ。
あらすじを読んでみて大丈夫かなと思った方にはお勧めです。
え、背中フェチがそんなに沢山?と思った方でも読んでみると案外面白かったりしますよww

少し傲慢だけど所々へたれな龍介。天然を足した様な遼一は、いざという時は男っぽい。来るもの拒まずではないのにその辺り龍介が特別なのだという感じがしました。
高月さん独特のテンションですが、今までと少し一転して途中から少しシリアスで穏やかな文体は読みやすかったです。(一瞬高月さんということを忘れた程)

しかしながら、若干リアリティが無い部分も多かった気がします。いやヤクザのリアルとか知らないですが笑 (きららがどうも私の中でしっくりこなくて参ってます)
登場人物の感情の流れは少しずつぷつぷつと切れているような感じで、慣れない書き方をしたのかなと思いました。
曖昧に終わるところは好き。相変わらず高月さんの濡場は私のツボを突きます。
イラストは私も大好きな富士山ひょうたさん。男らしい二人の肩を並べる姿はかなりぐっときます。すんなり入り込め、かつイラストも素敵でした。


伯爵様は危険な遊戯がお好き/高月まつり・蔵王大志

評価:
プランタン出版
---
(2003-11)

ついつい読んでしまう高月作品。
崎谷さんと肩を並べる濡場の王だと思います笑

会話のテンポがとても良くて、今回も楽しんで読みました。
新しい登場人物も加わって、吸血鬼の新しい設定や情報も垣間見、周りの人々もどんどん進展し、エドと明の関係も少しずつ深くなる。流れがスムーズでとても読みやすかったです。
おきまりの受がさらわれるなんてシーンも面白かった!

<< | 2/3PAGES | >>