calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

categories

▼drama CD/ダブル・バインド 2

2011年12月21発売
原作:英田サキ

森川智之:上條嘉成
興津和幸:瀬名智秋

▼drama CD/好きというのになぜかしら

2011年12月10日発売
原作:阿部あかね

武久:森川智之
由一:前野智昭

▼drama CD/オレンジのココロ−トマレ−

2012年発売予定
原作崎谷はるひ

栢野志宏:高橋広樹
相馬朗:代永翼

▼drama CD/心臓がふかく爆ぜている

2011年12月22日発売
原作:崎谷はるひ

降矢信仁:森川智之
齋藤弘:福山潤

▼drama CD/あめの帰るところ

2012年発売
原作:朝丘戻。

能登匡志:日野聡
椎本千歳:梶裕貴

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

あしたのきみはここにいない/崎谷はるひ・山本小鉄子

評価:
幻冬舎コミックス
¥ 540
(2007-07)

もうちょっとひねりを下さい。
展開が素直過ぎて、読んでるうちに飽きちゃいました。もはや崎谷作品で王道を進まないものなんて出ないのか…?そこがらしいと言えばらしいのだが、工夫をしたんだという努力を少しでも見せてほしいと思うのは私だけですか?
崎谷作品としては珍しい?ヘタレ攻。(ロリ受に変わりはないのだが)安心して読む無難な作品としての評価ならば★3半くらい、かなぁ


平行線上のモラトリアム/崎谷はるひ・高永ひなこ

評価:
角川書店
¥ 600
(2007-06)

新シリーズスタート!と書いてあるからには白鷺シリーズには入れられないよね。

うーん。読ませる作品なんだけどはるひ作品のくせに、イマイチぱっとしませんでした
個性あるし、理解するまでに時間がかかるのがいけなかったのかなぁUu 横文字も難解な言葉も多くて、読んでいてうんざりするのも事実です そういう不必要な言い回しがくどくて、お飾りのような気がしてどうも…。
内面的なものをテーマにするからには、(だってモラトリアムってタイトルなくらいだし)、心境に同情なり共感なりすべきなんだけど、私はしなかったかなぁ。ただ、弥刀の悲しみだけはわかったような気がします

白鷺シリーズ/崎谷はるひ・高永ひなこ

評価:
角川書店
¥ 620
(2005-06-30)

夢はきれいにしどけなく (角川ルビー文庫) 恋は上手にあどけなく (角川ルビー文庫)

シリーズ全部通して、なかなか良かったです
崎谷作品として、相変わらずの展開ではあったけれどただのお育てモノではなかったし、それぞれに魅力もあり、不完全さもありました
藍の凛とした「らしさ」に惹かれるなぁ 早速、ルビーvol.2も読むとしよう。

ブルーサウンド シリーズ/ 崎谷はるひ・おおや和美

目を閉じればいつかの海 (角川ルビー文庫) 手を伸ばせばはるかな海 (角川ルビー文庫) 耳をすませばかすかな海 (角川ルビー文庫) 振り返ればかなたの海 (角川ルビー文庫) しじまの夜に浮かぶ月 (角川ルビー文庫 83-20)


恋は乱反射する。―2nd to none<ひけをとらない>/崎谷はるひ・冬乃郁也

評価:
角川書店
¥ 600
(2006-12)

此方の方がかなり好感触。どちらも魅力的な人たちだった。展開的には少しじらしすぎかもしれないが、白崎の人間らしさが良い。
前作やコミックスも一読だけど、繋がりはよく分かりました。かといって手抜きなところはなかった。(作家は続編で良し悪しが分かれるのだと思う)
崎谷作品は本当に一人一人の個性がすごい。圧倒的な筆力で何人もキャラを書けるのはこの人くらいだと思う。
でも女性はいつだって強くてしっかりしていて、一人立ちしている人しか書かない。あるいはヒール役として女性を使う。はるひに限らずBL作家たちは皆こういう傾向なんですけど、これは一体どうしてなんでしょうね?

不埒なモンタージュ/崎谷はるひ・タカツキノボル

評価:
フロンティアワークス
¥ 650
(2006-11)

なかなか不意をついてて面白かった。
が、内容が形状記憶衝動と同じ感じがした。受けの子の家に乗り込んで結局は同棲にこぎつけてしまう辺りが。
イラストがタカツキノボルじゃなければもうちょっと俗っぽい感じは拭えたかもしれない。あとがきにて「エロが凄い」といっている割にはいつも通りだった。もっと激しいのかと思った。

<< | 2/4PAGES | >>