calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

categories

▼drama CD/ダブル・バインド 2

2011年12月21発売
原作:英田サキ

森川智之:上條嘉成
興津和幸:瀬名智秋

▼drama CD/好きというのになぜかしら

2011年12月10日発売
原作:阿部あかね

武久:森川智之
由一:前野智昭

▼drama CD/オレンジのココロ−トマレ−

2012年発売予定
原作崎谷はるひ

栢野志宏:高橋広樹
相馬朗:代永翼

▼drama CD/心臓がふかく爆ぜている

2011年12月22日発売
原作:崎谷はるひ

降矢信仁:森川智之
齋藤弘:福山潤

▼drama CD/あめの帰るところ

2012年発売
原作:朝丘戻。

能登匡志:日野聡
椎本千歳:梶裕貴

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

恋は乱反射する。―2nd to none<ひけをとらない>/崎谷はるひ・冬乃郁也

評価:
角川書店
¥ 600
(2006-12)

此方の方がかなり好感触。どちらも魅力的な人たちだった。展開的には少しじらしすぎかもしれないが、白崎の人間らしさが良い。
前作やコミックスも一読だけど、繋がりはよく分かりました。かといって手抜きなところはなかった。(作家は続編で良し悪しが分かれるのだと思う)
崎谷作品は本当に一人一人の個性がすごい。圧倒的な筆力で何人もキャラを書けるのはこの人くらいだと思う。
でも女性はいつだって強くてしっかりしていて、一人立ちしている人しか書かない。あるいはヒール役として女性を使う。はるひに限らずBL作家たちは皆こういう傾向なんですけど、これは一体どうしてなんでしょうね?

スポンサーサイト

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • 13:59
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック