calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

categories

▼drama CD/ダブル・バインド 2

2011年12月21発売
原作:英田サキ

森川智之:上條嘉成
興津和幸:瀬名智秋

▼drama CD/好きというのになぜかしら

2011年12月10日発売
原作:阿部あかね

武久:森川智之
由一:前野智昭

▼drama CD/オレンジのココロ−トマレ−

2012年発売予定
原作崎谷はるひ

栢野志宏:高橋広樹
相馬朗:代永翼

▼drama CD/心臓がふかく爆ぜている

2011年12月22日発売
原作:崎谷はるひ

降矢信仁:森川智之
齋藤弘:福山潤

▼drama CD/あめの帰るところ

2012年発売
原作:朝丘戻。

能登匡志:日野聡
椎本千歳:梶裕貴

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

2006年ベスト (っていうの真似してみる)

赤い呪縛 天国が落ちてくる 純情な恋人 跪いて、永遠の愛を誓う。 傲慢な愛は台詞にのせて 絵になる大人になれなくても 執事の特権



『赤い呪縛』は今年ベスト1でも過言じゃない。周囲に文句はあるけれども主役二人がまた何とも言えず魅力があってね、松田美優ならではの暴力と閉塞空間。息が詰まるけど面白かった。

『天国が落ちてくる』は初めての長編だった。若干暗い話もあるが今年読んだ中ではダントツの感情論作品。これが巧い。高遠琉加はピアノの話が得意なのかな。

『野蛮な恋人』の続編『純情な恋人』。サイドにも書いてるけど、どっちが純情って、攻めが。ふらふら歩き回っている兄ちゃんを落ち着かせてくれた彼。素敵でした。

作家買いを決めた夜光花作『跪いて永遠の愛を誓う』。開いた途端の雄太にドギマギさせられました。サイドカップルが気になるところだけれども、あまりあの二人は好きじゃなかも。皆鬼畜だな。

いおかいつき発掘『傲慢な愛は台詞に乗せて』。この受けの子が健気でも強気でもないどっちつかずな性格で結構好きだった。凡庸な性格がリアルな感じがする。読むぞ!と思って読む作品は上記4作辺りだが、この本は気楽〜に読めるので、正月暇な人は是非どうぞ。

「絵になる大人」改訂版『絵になる大人になれなくても』。久々崎谷の作品で張り切って読んだ覚えアリ。番外編の高校生の二人を読むと、一層深くなると思う。でもね、展開のワンパターンさに変わりはなし。そろそろ量産ではなく質の高い話をお願いしたいところ。

この中では最後に呼んだ『執事の特権』。場面は爺やの面接を受けるとこから始まったりするんだが、「貴方こそ私が探していた人材です」という割には執事の仕事は簡単そう。まぁそんなことは置いといて、さすが世間で高評の榎田、で御座いました。


もう1つ「駆け引きはベッドの上で」のヨシュアが強烈に好きなキャラだったが、話自体は対したことはない、というか一般的であったので割愛。むしろ早く続編を、と願うばかりです。

あ、ラヴァーズの2周年記念奈良千春カレンダー当たりました。
チラシの絵が多くてびっくり。ていうか、可愛いワ…。

スポンサーサイト

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • 19:42
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック