calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

categories

▼drama CD/ダブル・バインド 2

2011年12月21発売
原作:英田サキ

森川智之:上條嘉成
興津和幸:瀬名智秋

▼drama CD/好きというのになぜかしら

2011年12月10日発売
原作:阿部あかね

武久:森川智之
由一:前野智昭

▼drama CD/オレンジのココロ−トマレ−

2012年発売予定
原作崎谷はるひ

栢野志宏:高橋広樹
相馬朗:代永翼

▼drama CD/心臓がふかく爆ぜている

2011年12月22日発売
原作:崎谷はるひ

降矢信仁:森川智之
齋藤弘:福山潤

▼drama CD/あめの帰るところ

2012年発売
原作:朝丘戻。

能登匡志:日野聡
椎本千歳:梶裕貴

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

上半期07

リスタート どうせ、めろめろ 浪漫豪奢 ディア・グリーン 瞳の追うのは 恋は乱反射する。―0 or 0《恋がはじまる》 悩むほどなら恋とよべ! (あすかコミックスCL-DX)

画像左からミニレビュー ↑にいくほど新しい

∴悩むほどなら恋とよべ/富士山ひょうた ★★☆☆☆+半分
絵がだんだん綺麗になっていくなぁ。相変わらず話と割り方うまいし。でもなんだか話はマンネリ…


∴恋は乱反射する。―0or0<恋がはじまる> / 冬乃郁也 (崎谷はるひ原作) ★★★☆☆
はるひ5ヶ月連続刊行第1弾、『恋は乱反射する。―1st Love<初恋>』の続編。
序盤をかなり割愛しているが、連続刊行だからと言ってハショるなんて論外。必ずしも小説を読んでいるわけではないのだから、読み切り感覚で書くべきである。
中身はまぁはるひ原作なので一般的。絵は丁寧な気がする。


∴瞳の追うのは / 富士山ひょうた ★★★★☆
待ってました続編。ひょうたは特にページの割り方が非常に巧みである。ぐっとくる構成だ。私はどちらかというとディア・グリーン本編よりもこっちの過去話の方が好きだ。また更に波乱の予感。次もかなり遅めの仕上がりが予想されるが気長に待ちたいところ。


∴窮鼠はチーズの夢を見る / 水城せとな ★★★★☆
高評だったので読んでみた。流されてばかりの男と何年も思い続ける一途な男。「男と女どっちなの」という根本を書く度胸のある作家はもはや居ないだろうと思う中、初のレディコミでやり遂げるとは素敵な人だ。全寮制男子校や二丁目やゲイバーが多いコミックスの中ではまた更に新鮮である。


∴浪漫豪奢 / 北沢きょう ★★★★☆
友人から拝借。柔らかい雰囲気の絵がとっても綺麗。丁寧な仕事が本から伝わってくる一冊。兎に角絵が丁寧。全ての登場人物が暖かくて切ない物語だった。良いお話。二冊目が今から楽しみ。


∴どうせ、メロメロ / タクミユウ ★★☆☆☆+半分
表紙につられて購入。コミケなどでは有名な方らしい。(友人情報)絵はとても可愛いが、自分の趣味をつらつら描いただけ、という印象。日高ショーコに続く新人発掘は早くも失敗。めげずに続けることにする。


∴リスタート / 日高ショーコ ★★★☆☆
前作『足りない時間』以降大プッシュな作家だったのに、二冊目にして早くもスピードダウン。というか、急ブレーキ?もっと丁寧な絵が描けるはず。作品一つ一つは好きなのに、どれがどの後の話なのか、誰から見てる話なのか、時間経過や視点がよくわからない。本全体は変わらず優しい雰囲気だったが、期待し過ぎていただけに残念。


スポンサーサイト

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • 15:22
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック