calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

categories

▼drama CD/ダブル・バインド 2

2011年12月21発売
原作:英田サキ

森川智之:上條嘉成
興津和幸:瀬名智秋

▼drama CD/好きというのになぜかしら

2011年12月10日発売
原作:阿部あかね

武久:森川智之
由一:前野智昭

▼drama CD/オレンジのココロ−トマレ−

2012年発売予定
原作崎谷はるひ

栢野志宏:高橋広樹
相馬朗:代永翼

▼drama CD/心臓がふかく爆ぜている

2011年12月22日発売
原作:崎谷はるひ

降矢信仁:森川智之
齋藤弘:福山潤

▼drama CD/あめの帰るところ

2012年発売
原作:朝丘戻。

能登匡志:日野聡
椎本千歳:梶裕貴

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

2006下半期 まだまだ追加予定

レビューを書くのも面倒な作品たち。

長い間/ 久我有加 ・山田睦月
真夜中の君に愛をささやく/??・桜城やや
マッドサイエンティスト/桃さくら・奈良千春
嘘つきなキス / 早水しほり・祭川ななを
夢の終わりは恋の時間』/鹿住槙・祭川ななを
愛のレイティングAAA(上)/井村仁美・如月 弘鷹

∴『長い間』/ 久我有加 (山田睦月)
人気俳優とその親友が六年越しの友情を超える瞬間。らしいです。
一冊のほぼ全域に渡り関西弁である。別に関西弁が駄目というわけではなく、作者の区切りの付け方がいい加減で、大変読みにくい。地の文くらい標準語がいい。
加えて、番外編の方が本編より長いというのはいただけない。本編の「起承転」はたった10ページ強という展開の速さ。番外編を書くくらいならもっと本編を膨らませるべき。
読み終わるまでが長くて長くて。途中で何度かもういいやと思った。


∴『真夜中の君に愛をささやく』 / (桜城やや)
高校生同士の二人が親の再婚で一緒に住むことになる、というお話。
青い。青すぎる…!高校生カップルはもう二度と読むまい。
受けが一人で悩みまくって、何が書きたいのかよくわからない。攻めそっちのけで展開していくストーリー。まるで火崎勇『森を出る方法』のよう。
いい加減作家陣に言いたい。ヒール役を作るのはいい加減止めたほうがいいんじゃないのか?ワンパターンなことばかりしてよく飽きないな。
奨励賞がこれじゃあ、成宮さんの本も怪しくなってきた。どうしよう。


∴『マッドサイエンティスト』 / 桃さくら (奈良千春)
薬学バカとその研究所の清掃社員のお話。
前回の『迷走迷路』が個人的に良かっただけに、この落差はかなり厳しい。この人なら大丈夫かと思っていた私が愚かだった。まず迷走迷路と文体からして違う。
そしてストーリーがこれまた無理があり、受がひたすらやられます。しかも攻めだけではなく他にも2人ほど。

奈良挿絵作品はイラストに助けられているものが多い反面、読める作品ではあると、個人的には思っていたが、これはとてもじゃないが人にお勧めできない。高月まつりや森本あきあたりが好きな方は好きかもしれないが、リアリティを重視する方は控えておいたほうがいいと思われる。


∴『嘘つきなキス』 / 早水しほり(祭川ななを)
金に目がくらんで自分とそっくりな人物と入れ替わることを了承した受と、入れ替わった先で出会う攻のお話。
なんだかとっても無理のあるリアリティの無いお話で読むのはためらわれるが、ひたすら最後を目指して読み続けました。「長い間」同様終わりまでがひたすら長い。長すぎる。
とにかくこの人(早水)はもうちょっと文章の書き方を学んだ方が良い。


∴『夢の終わりは恋の時間』 / 鹿住槙(祭川ななを)
うじうじ受けとクラスのムードメイカー攻めの初恋高校生たちのお話。
百冊目という素晴らしい刊行数があるためさすがに構成は並みですが、またもや青かった。うじうじ受けが嫌いな私は半分ほどでうんざりです。ノートに相手との妄想物語を書き溜めたり、女装させたら男がわらわらむらがってきたり、攻めの家が素晴らしい芸能一家だったり、となんだか無理がある設定。
「僕は走って家に帰った」という感じの一人称形式がどうにも苦手。日記じゃないんだから。

かつて鹿住槇の本を読むのに四苦八苦していた自分を思い出して苦笑。こんなぬるい本を読むのに緊張していたのか。


∴『愛のレイティングAAA(上)』 / 井村仁美 (如月 弘鷹)
伝説のストラジスト(社長)と他社に努める新人アナリストのお話。
25と37のカップルのくせに関係がベタに青い。濡場はあるのに稚拙な感じで、大人の色気と魅力が全く伝わって来なかった。
細かな登場人物が多いので話が広がりすぎてまとまりがないのもよろしくない。ただ、この点についてはシリーズものを全てはしょって完結上巻のみを読んでいる私の意見であるので念のため。

仕事については業界用語を多用しているが、その語句について説明が無いので逆にマイナス。
例えばインタビューで今後の経済について、という問いに対する鷲崎の台詞。確かに経済に関しての言葉がなけりゃ話にならないのはわかるが、この台詞で何を伝えたかったのかは不明である。初心者用ビジネス書売上ランク一位の本を書いたという設定ならば、もっとわかりやすいコメントを書いてください。

スポンサーサイト

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • 20:11
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック