calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

categories

▼drama CD/ダブル・バインド 2

2011年12月21発売
原作:英田サキ

森川智之:上條嘉成
興津和幸:瀬名智秋

▼drama CD/好きというのになぜかしら

2011年12月10日発売
原作:阿部あかね

武久:森川智之
由一:前野智昭

▼drama CD/オレンジのココロ−トマレ−

2012年発売予定
原作崎谷はるひ

栢野志宏:高橋広樹
相馬朗:代永翼

▼drama CD/心臓がふかく爆ぜている

2011年12月22日発売
原作:崎谷はるひ

降矢信仁:森川智之
齋藤弘:福山潤

▼drama CD/あめの帰るところ

2012年発売
原作:朝丘戻。

能登匡志:日野聡
椎本千歳:梶裕貴

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

歯科医の憂鬱/榎田尤利・高久尚子

評価:
徳間書店
¥ 570
(2005-08-28)

イラストが美麗。
高久さんの表紙は色彩鮮やかで凄く良いですね。

ワイルドな攻と天然受のコンビで御座いました。
もう三和が可愛いです。こういう子大好き。しかし高久さんのイラストは何故こうも、いたいけな子とそれを狙う野獣をきっちりと書いてしまうんでしょうか。スゴイ

まったりした雰囲気。登場人物全員性格がはっきりとわかるので、流れもスムーズであらすじのようなコメディタッチでもなく、所々シリアス風味でごちゃごちゃになったりします。
穂高が背中を押してあげてようやく感情が表に出てくる子なので、可愛らしいとしか良いようがありません。そして穂高は例に漏れずワイルドで手や足が先に出てしまうタイプ。

番外編では三和の過去が少しだけ出てきて、穂高や三和の悩みも出てきます。細かい話は置いといて、二人の心情もわかるし、周りの人々の反応も暖かい。
読み終わって一息つく作品でした。

スポンサーサイト

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • 11:25
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック