calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

categories

▼drama CD/ダブル・バインド 2

2011年12月21発売
原作:英田サキ

森川智之:上條嘉成
興津和幸:瀬名智秋

▼drama CD/好きというのになぜかしら

2011年12月10日発売
原作:阿部あかね

武久:森川智之
由一:前野智昭

▼drama CD/オレンジのココロ−トマレ−

2012年発売予定
原作崎谷はるひ

栢野志宏:高橋広樹
相馬朗:代永翼

▼drama CD/心臓がふかく爆ぜている

2011年12月22日発売
原作:崎谷はるひ

降矢信仁:森川智之
齋藤弘:福山潤

▼drama CD/あめの帰るところ

2012年発売
原作:朝丘戻。

能登匡志:日野聡
椎本千歳:梶裕貴

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

迷走迷路/桃さくら・奈良千春

評価:
竹書房
¥ 600
(2004-07-24)

表紙に三人載ってるために遠ざけてた一冊。
雰囲気は少し田舎臭い感じで、田舎独特の壮大で緑が深い部分も感じられます。さり気なくたくさんの色が出てくるので、作品の題材にも沿っていて好印象。

序盤の始まり方は穏やかで読み易い。
が、もう少し如月さんのキャラを全面に出して欲しいかなぁ。男っぽくて大人で格好良いのはわかるんだけれども、ラストで漸く彼のピースが繋がったので。
それと、希を見ていると如月の行動の無さが不思議で不思議で。もう少しアピールとかあっても良いんじゃないかな。伏線なしで突然如月登場だったので、びっくりします。

中盤まで小太郎はひたすら流され。私は流され受好きだからいいんですが、どっちつかずな主人公に苛々する人も居るかも。
後半から出てくる大きな出来事は「もう一味ほしいので付け加えた」感じが否めません。そして題材に出てくる絵が、ラストでどうなったのか曖昧で残念。もうちょっと深く書いて欲しかった。

本の裏表紙やアマゾンで見るあらすじは、かなりニュアンスが違う感じがします。
小太郎はほとんど全てに対して純粋で流されてしまう傾向にあり、甥と付き合っている事実も曖昧な上、如月に脅される場面も曖昧。っていうかあれ脅しだったの?脅してるように感じなかった。
私もまだ良さが掴めてないので、安かったら読んでみてください。そして感想聞かせてください。

奈良さんの絵は今とは一味違う、少し昔風。でも綺麗。
終わりに奈良さんによる漫画が2ページだけあります。かなり可愛い。

スポンサーサイト

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • 11:07
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック