calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

categories

▼drama CD/ダブル・バインド 2

2011年12月21発売
原作:英田サキ

森川智之:上條嘉成
興津和幸:瀬名智秋

▼drama CD/好きというのになぜかしら

2011年12月10日発売
原作:阿部あかね

武久:森川智之
由一:前野智昭

▼drama CD/オレンジのココロ−トマレ−

2012年発売予定
原作崎谷はるひ

栢野志宏:高橋広樹
相馬朗:代永翼

▼drama CD/心臓がふかく爆ぜている

2011年12月22日発売
原作:崎谷はるひ

降矢信仁:森川智之
齋藤弘:福山潤

▼drama CD/あめの帰るところ

2012年発売
原作:朝丘戻。

能登匡志:日野聡
椎本千歳:梶裕貴

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

傲慢な愛は台詞にのせて/いおかいつき・紺野けい子

評価:
いおか いつき
プランタン出版
---
(2005-05-10)

上がり症の脚本家と天真爛漫な役者のお話。
業界モノはあまり好きじゃないのですが、これは演劇という中身の設定が厳密に決まっていて、とてもリアリティのあるお話でした。

最後まで意地を張り続ける亮ですが、『強気受』でもなく『健気受』でもなく、バランスの取れた性格が好感触です。実際はこんな人が圧倒的に多いんじゃないかなと思います。
対する大志の自信満々な態度は見ていてすっきりするというか、潔いというか。読んでいて大変面白いです。

気になった部分は、ラストの兄さんの言葉がやけに作為めいた感じがする点と、結局舞台が最後まで描かれなかった点です。折角だから舞台がどうなったか知りたかった。
しかしながら話の進み方としては、舞台の方も細かく書きつつ、二人の距離も段々と縮めていく、といった流れがスムーズに行われていきます。所々に大志が悪戯したりほのぼのした雰囲気が続くので気を張って読まなくていい作品だと思います!

紺野けい子さんのイラストも凄く可愛くて、話もとても好きでした。
4つか5つか迷いました…

スポンサーサイト

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • 16:39
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック