calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

categories

▼drama CD/ダブル・バインド 2

2011年12月21発売
原作:英田サキ

森川智之:上條嘉成
興津和幸:瀬名智秋

▼drama CD/好きというのになぜかしら

2011年12月10日発売
原作:阿部あかね

武久:森川智之
由一:前野智昭

▼drama CD/オレンジのココロ−トマレ−

2012年発売予定
原作崎谷はるひ

栢野志宏:高橋広樹
相馬朗:代永翼

▼drama CD/心臓がふかく爆ぜている

2011年12月22日発売
原作:崎谷はるひ

降矢信仁:森川智之
齋藤弘:福山潤

▼drama CD/あめの帰るところ

2012年発売
原作:朝丘戻。

能登匡志:日野聡
椎本千歳:梶裕貴

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

囚われの恋人/あすま理彩・小路龍流

評価:
あすま 理彩,小路 龍流
プランタン出版
¥ 580
(2003-11)

前回読んだ『かりそめの恋人』の前作。芳隆と行都が完全に別れるまでの過程が主に書かれています。
包み隠さずに言うと、矢張り好きではなかった。
濡場の8割が強姦に近い状態で、嫌悪感の方が襲ってきます。兄弟揃って何がしたいの。

芳隆の中の行都の存在感や周りに対しての感情など特に足りない部分が多いです。どうして芳隆が行都にそんなことをしたのか、そういう話がなかったのが非常に残念。
『かりそめ』ではしっかり固定されてたのに、『囚われ』で芳隆の話を全く書かなかったのは、ただ単にヒール役にしたかっただけだというのが明瞭。
芳隆だけならまだしも、弟である晃も全く人間味が無いので困ります。ただ行都が好き、ということではなく、根本的な性格が抜け落ちていると思われました。
また、敦志とのその後を考えるともう少し後まで書いてほしかったなぁ。

自分は『かりそめの恋人』が好きだったので、少し厳しめ。
もし先にこっちを読んでたら『かりそめ』も読まなかっただろうと思われます。


スポンサーサイト

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • 16:08
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック