calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

categories

▼drama CD/ダブル・バインド 2

2011年12月21発売
原作:英田サキ

森川智之:上條嘉成
興津和幸:瀬名智秋

▼drama CD/好きというのになぜかしら

2011年12月10日発売
原作:阿部あかね

武久:森川智之
由一:前野智昭

▼drama CD/オレンジのココロ−トマレ−

2012年発売予定
原作崎谷はるひ

栢野志宏:高橋広樹
相馬朗:代永翼

▼drama CD/心臓がふかく爆ぜている

2011年12月22日発売
原作:崎谷はるひ

降矢信仁:森川智之
齋藤弘:福山潤

▼drama CD/あめの帰るところ

2012年発売
原作:朝丘戻。

能登匡志:日野聡
椎本千歳:梶裕貴

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ボディガードは口説かれる/高月まつり・蔵王大志

評価:
角川書店
¥ 540
(2005-07-30)

コテッコテのBLが読みたい。というわけで安価だったので買ってきました。
あらすじを見て買ったところ、残念ながらイメージと違いました。しかし全体的にテンポがとても軽快です。


普段は冷静で表情を全く変えない村瀬が、段々と心を開く、ならまだしも、出だしから心中とのギャップの激しさに少し引いてしまう。一方レオンはメディアの前では気品溢れるハリウッドスター、智弘の前ではただの駄々をこねる子供のよう。
差をつけるのはわかりますが、片方だけで良かったかも。

高月さんの作品は心の叫びをそのまま表記する場合が多いですが、今作はちょっと多すぎる。マミちゃん、面白いけど…所詮はそういう役割だったんだな、と。
もう一つ包み隠さずに言うと、今作、濡場が薄い!多いと言えば多いんだけど…伯爵を読んだ後に読むと、物足りない。高月さんに期待しているのは其処なんだけど…

高月さんの本はテンションの高さでぐいぐい持っていかれるので、気分が落ち込んでるときや苛々しているときに読むのが最適ですねww

スポンサーサイト

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • 19:52
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック