calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

categories

▼drama CD/ダブル・バインド 2

2011年12月21発売
原作:英田サキ

森川智之:上條嘉成
興津和幸:瀬名智秋

▼drama CD/好きというのになぜかしら

2011年12月10日発売
原作:阿部あかね

武久:森川智之
由一:前野智昭

▼drama CD/オレンジのココロ−トマレ−

2012年発売予定
原作崎谷はるひ

栢野志宏:高橋広樹
相馬朗:代永翼

▼drama CD/心臓がふかく爆ぜている

2011年12月22日発売
原作:崎谷はるひ

降矢信仁:森川智之
齋藤弘:福山潤

▼drama CD/あめの帰るところ

2012年発売
原作:朝丘戻。

能登匡志:日野聡
椎本千歳:梶裕貴

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ラブ・シェイク―恋のカクテル召し上がれ/英田サキ・タカツキノボル

評価:
プランタン出版
---
(2005-11)

借り物ですが。これは…ちょっとねUu
英田さんといえばもう少し深いお話を書かれる人と思っていたので、残念。

英田さんの文章はもっと違う印象を持っていたんですが、今回のお話は今までの様な雰囲気は微塵も感じられませんでした。
全体的にご都合主義なストーリー設定で、読んでいて苛々します。展開もかなりベタで、ただ好きという気持さえあれば何を書いても良い、という印象を受けました。

また、秋良が未成年でバーテンダーをしているという微妙な年齢設定の意図が不明。大学にまともに行っていない、ということ以外、秋良自身についての文章があまり無く、彼の性格が全くわかりません。その上、話の大部分が檜垣との二年前のいざこざを何度も繰り返しているので、正直飽きがきます。

後半部分では秋良の父親である代議士が登場しますが、親というものの存在自体が軽い。
個人的には背後で登場する灰原と加瀬のアダルトカップルの方が興味がありますが、そこに触れられることもなくお話は終わってしまいました。
エスを書いた人とは思えない一作。。。残念です


スポンサーサイト

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • 12:17
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック