calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

categories

▼drama CD/ダブル・バインド 2

2011年12月21発売
原作:英田サキ

森川智之:上條嘉成
興津和幸:瀬名智秋

▼drama CD/好きというのになぜかしら

2011年12月10日発売
原作:阿部あかね

武久:森川智之
由一:前野智昭

▼drama CD/オレンジのココロ−トマレ−

2012年発売予定
原作崎谷はるひ

栢野志宏:高橋広樹
相馬朗:代永翼

▼drama CD/心臓がふかく爆ぜている

2011年12月22日発売
原作:崎谷はるひ

降矢信仁:森川智之
齋藤弘:福山潤

▼drama CD/あめの帰るところ

2012年発売
原作:朝丘戻。

能登匡志:日野聡
椎本千歳:梶裕貴

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

罪人たちの甘い薔薇/高月まつり・高宮東

評価:
オークラ出版
¥ 580
(2006-03)

もう一冊、高月作品で「ラブマシーンになりたい 」も借りたのですが、あれはちょっとどうしようもなかったので感想なしで。ぱらぱらとしか読んでません。本当にどうしようもなかった。
「ラブマシーン」を読んだすぐ後に「罪人たち」を呼んだのですが、本当に同じ作者か?と疑ってしまいました。ギャップ激しいww

以前読んだ『恋愛仁義』の雪路たちのお話はぐっとローテンションで読みやすくシリアスな感じで好きでしたが、今回は少しシリアス過ぎたかなという印象を受けました。
そして黎が腹黒すぎたかな。笑
前半からの満の心情がよくわからなかった部分は中盤で補えますが、黎の満に対する気持はどうも言葉を並べただけのように思えます。要するに薄っぺらい。

そして濡場。濡場になると満の言動が甘くなって、普段とのギャップが激しいです。設定上ギャップをつけることが必要かもしれませんが、やりすぎた。
若干のサスペンスも含みますが、こちらも少しぼやけていて、読む間は常に一歩引いた場所でページを捲っていた気がします。終わり方は曖昧ですがまぁ一番ベストな終わり方かなぁと。(当人達にとってはハッピーエンドだけど…)

以上からお勧めは星二つ半。やはり私は高月さんテンションでぐいぐい引っ張る感じが好き。

スポンサーサイト

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • 11:19
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック