calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

categories

▼drama CD/ダブル・バインド 2

2011年12月21発売
原作:英田サキ

森川智之:上條嘉成
興津和幸:瀬名智秋

▼drama CD/好きというのになぜかしら

2011年12月10日発売
原作:阿部あかね

武久:森川智之
由一:前野智昭

▼drama CD/オレンジのココロ−トマレ−

2012年発売予定
原作崎谷はるひ

栢野志宏:高橋広樹
相馬朗:代永翼

▼drama CD/心臓がふかく爆ぜている

2011年12月22日発売
原作:崎谷はるひ

降矢信仁:森川智之
齋藤弘:福山潤

▼drama CD/あめの帰るところ

2012年発売
原作:朝丘戻。

能登匡志:日野聡
椎本千歳:梶裕貴

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

BL小説レーベル1行感想バトン

BL小説レーベル1行感想バトン

というのを、「腐男子日記」の倫さんが作っていたので、無断で拝借。
というのも、久々の休みで逆に暇だから。

勝手に回答するのは失礼だと思うのでひとまず腐男子日記の倫さんについて。

・年下なのにBL歴が長い。
・高校生男子のBL傾向にとっても興味がある。
・でもちょっと作家の傾向があってないところがイタイ。

…あれ?「倫さんについて」じゃなくなった?


*ルール*
以下のレーベルの印象と「このレーベルといえばこの人!」な作家さんを
教えて下さい。(わからない場合は飛ばして下さい。)

1、ルビー文庫
印象→2次元を経験したあとの10代が読む本。(なのに濡場が濃い)
作家→崎谷はるひ

2、キャラ文庫
印象→とにかくぬるい。濡場は最高5ページまで。
作家→榎田尤利と高久尚子

3、コバルト文庫
印象→同人出身の作家が多そうで、BLなのかそうじゃないのかわからない
作家→

4、X文庫ホワイトハート
印象→キャラと競えるほどぬるい
作家→樹生かなめ(「もう二度と話さない」が強烈過ぎ)

5、ルチル文庫
印象→濡場は作家の腕次第。当たりでも外れでもない作品が多い
作家→いおかいつき、崎谷はるひ

6、ディアプラス文庫
印象→
作家→

7、花丸文庫
印象→基本的に外れる
作家→

8、ラピス文庫・プラチナ文庫
印象→プラチナ…1冊につき濡場が3シーンくらいある
   ラピス…Fラピならまぁ当たる
作家→無論、橘かおると高月まつり

9、シャレード文庫
印象→続き物が多い。
作家→高遠琉加

10、ガッシュ文庫
印象→濡場がちょっと変わった感じ(変態チック)
作家→洸、あすま理彩

11、クリスタル文庫
印象→派手な印象はないが確実な作家を出すこともある。
作家→榎田尤利(普通の男がとても良し)

12,ダリア文庫
印象→
作家→

13、SHYノベルズ
印象→外れが非常に少ない。イラストレーターは厳選していないようだ。
作家→無論、英田サキ、榎田尤利、橘紅緒、松田美優

14、ビーボーイノベルズ
印象→
作家→

15、ホリーノベルズ
印象→特になし
作家→木原音瀬?

16、ラヴァーズ文庫
印象→やっと3周年のくせに私のハートをがっちり掴んで離さない
作家→いおかいつき、ふゆの仁子

17、オヴィスノベルズ
印象→これだけは書いておきたい。『僕の眠りを醒ます人』が個人的ロングヒットを記録。
作家→沙野風結子

★以下暇な方のみ、とあったので勿論回答します。

Q1、2007年発売で今のところ1番面白いBL小説
「一番」だと榎田尤利/交渉人は黙らない。
Q2、あらすじも見ずに作家買いする作家さん(最高3名)
橘紅緒、のみ(榎田尤利は本が多いから選る。)
Q3、思わず挿し絵買いしてしまうレーターさん(最高3名)
奈良千春、北畠あけ乃、高階佑
Q4、回す人
やりたい人。

スポンサーサイト

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • 11:09
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック