calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

categories

▼drama CD/ダブル・バインド 2

2011年12月21発売
原作:英田サキ

森川智之:上條嘉成
興津和幸:瀬名智秋

▼drama CD/好きというのになぜかしら

2011年12月10日発売
原作:阿部あかね

武久:森川智之
由一:前野智昭

▼drama CD/オレンジのココロ−トマレ−

2012年発売予定
原作崎谷はるひ

栢野志宏:高橋広樹
相馬朗:代永翼

▼drama CD/心臓がふかく爆ぜている

2011年12月22日発売
原作:崎谷はるひ

降矢信仁:森川智之
齋藤弘:福山潤

▼drama CD/あめの帰るところ

2012年発売
原作:朝丘戻。

能登匡志:日野聡
椎本千歳:梶裕貴

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

琥珀色の誘惑 シリーズ/義月粧子・奈良千春

琥珀色の誘惑 薔薇色の罠


★★★☆☆


1作目、琥珀色の誘惑。冴えないフリーターとバーオーナーのお話。
あらすじだけ見て買ったのですが、何事も無く読み終わりました。良い意味でも悪い意味でも、さらっと終わってしまいました。
相変わらず奈良さんの絵は美しいです。
知り合った相手はお金持ち、という設定は読み飽きているが、今回は深く踏み入れることはなく、飽きるよりも前に二人が気持を交わしたので良し。
圭司の感情は纏まっていたし、マスターの人の良さも随所に現れていた。(マスターと恋仲になるのかと一瞬考えた。)ただ、もう少し普段からオーナーを登場させて欲しかったなぁ。
後半で現れる問題については、ベタ過ぎててどうも好きになれず。結局如何にもなっていない宮城も気になるところ。さほど消化不良というものでもないが、何のために登場したのかがわからなかった。オーナーは格好良い。

2作目、薔薇色の罠。
愛あるエスを支持する私としては、かなりドライで特定は作らず、きっぱり物事を言う攻めは好感触ではなかった。下の子がが段々と崩れていく感じは良く表している。
が、表紙をこんなに扇情的にしたくせに、肝心のベッドシーンはお粗末。
話の流れや設定は好きだっただけに残念。

恋はこれから始まる/義月粧子・雪舟薫

イラストがアマゾンにありません。。。

こちらもやはり王道。「受けの良い所は自分だけが知っているんだ」と独り占めする傲慢攻めと、頭は切れるが攻めにベタボレな受け。
高校生は若すぎて苦手でした。攻めがガキすぎて面白くないです。個人的な好みですけれど。
でも子供故の我が侭は巧く現れていたかと思います。

三つか四つか、短編集のようにタイトルをつけているので、1つ終わる度に気持が途切れてしまうのは本当に残念です。話自体は時間軸の変化もなく繋がっているのだからいちいちタイトルをつける必要ないのでは?

★1つは雪舟薫に。(でも所々絵が雑なのが玉に瑕)もう1つの★は鉱の自分勝手さに。

読み終わって、脇役キャラに見覚えがあるなぁと思ったら、以前、意味わっかんねぇと言っていた、「失恋のあと、恋は始まる」のリンク作品でした。
とりあえず、「失恋のあと〜」よりはマシだったけど、まぁ読めた程度の作品だと思います。やっぱり高校生青いわ…

| 1/1PAGES |