calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

categories

▼drama CD/ダブル・バインド 2

2011年12月21発売
原作:英田サキ

森川智之:上條嘉成
興津和幸:瀬名智秋

▼drama CD/好きというのになぜかしら

2011年12月10日発売
原作:阿部あかね

武久:森川智之
由一:前野智昭

▼drama CD/オレンジのココロ−トマレ−

2012年発売予定
原作崎谷はるひ

栢野志宏:高橋広樹
相馬朗:代永翼

▼drama CD/心臓がふかく爆ぜている

2011年12月22日発売
原作:崎谷はるひ

降矢信仁:森川智之
齋藤弘:福山潤

▼drama CD/あめの帰るところ

2012年発売
原作:朝丘戻。

能登匡志:日野聡
椎本千歳:梶裕貴

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

愛される小児科医の受難/天野かづき・ 高永 ひなこ

評価:
角川書店
¥ 500
(2006-08-31)

ストーリーは超王道。濡れ場がフェチっぽくて良かった。

2006年ベスト (っていうの真似してみる)

赤い呪縛 天国が落ちてくる 純情な恋人 跪いて、永遠の愛を誓う。 傲慢な愛は台詞にのせて 絵になる大人になれなくても 執事の特権

共犯者の甘い罠/池戸裕子・宝井さき

共犯者の甘い罪

この行為は、裏切りなのか―。幼なじみの亮介に毎晩のように抱かれている巴。けれど、ずっと好きだった亮介とのセックスなのに、巴は溺れきれない。なぜなら、亮介の元・恋人が気になるからだ…。亮介は以前、死期を悟った親友に告白され付き合っていたのだ。死んだ親友から亮介を略奪したような罪悪感に苦しむ巴。そんなある日、「俺といた方が幸せだよ」と巴を口説く男・朝永が現れて。

★★☆☆☆+半分

三つ巴の話だが、『初恋』とは全く違う状況下で全く違う決断を下した幼なじみの話である。強い絆と信念、それ故の反動が強く表現されていて、高遠に勝るとも劣らない構成力、感情論調の文章であった。
ただ、そういった友情を書きすぎていて、いざBLらしい話になると違和感がある。正統派こってりが好きな方にはかなり物足りないものと思う。
タイトルがクサい。雰囲気と合っていない。

俺の幸福を祈れ/久瀬桜子・陸裕千景子

評価:
角川書店
¥ 560
(2006-09-30)

情緒不安定な時期に読むとグサッとくる一冊でした。
小説があっさりしていて薄味な分、漫画が濃いし巧い。どちらも正統派(コテコテ)BLしか書けなさそうだし、ネタも豊富ではなさそうだが、ほかの作品も読みたいと思いました

半分小説、半分漫画という「二重に美味しい」構造らしいです。
でもなんか物足りないというか。半分ずつしてるからページ数が足りてないというか。

2006下半期 まだまだ追加予定

レビューを書くのも面倒な作品たち。

長い間/ 久我有加 ・山田睦月
真夜中の君に愛をささやく/??・桜城やや
マッドサイエンティスト/桃さくら・奈良千春
嘘つきなキス / 早水しほり・祭川ななを
夢の終わりは恋の時間』/鹿住槙・祭川ななを
愛のレイティングAAA(上)/井村仁美・如月 弘鷹

エデンの虜囚/しまだ真巳・佐々木久美子

評価:
二見書房
¥ 610
(2006-10-28)

序盤で二人の近づき方がシンプルで良かったのだが、中盤でとうとう監禁されると、延々と同じ描写が続くので飽きてしまいます。
同じ部屋で、同じように過ごしていたら日数の経過がわからないし、部屋のイメージも沸かない。なんとかして変化をつけてほしかったです。背景描写があまりうまくない…のかなあ

そんな中、一番感動したのは裏切られて絶望を見た悠介が途中で脱走するシーン。
悠介の中の孤独、絶望、悲しみといった人間の弱さが一度に吐露されるシーンで、背景まで綺麗に合っていてよかったです。
ただ、終わり方は不服でしたけれど。。。二人で堕ちるのは…ちょっとねぇ(個人的嗜好)

佐々木さんの絵は高久さんと同じで、色をつけたら素晴らしいのに、白黒だと途端に雑に見えてしまいます。お、と思って損した気分。

<< | 3/5PAGES | >>