calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

categories

▼drama CD/ダブル・バインド 2

2011年12月21発売
原作:英田サキ

森川智之:上條嘉成
興津和幸:瀬名智秋

▼drama CD/好きというのになぜかしら

2011年12月10日発売
原作:阿部あかね

武久:森川智之
由一:前野智昭

▼drama CD/オレンジのココロ−トマレ−

2012年発売予定
原作崎谷はるひ

栢野志宏:高橋広樹
相馬朗:代永翼

▼drama CD/心臓がふかく爆ぜている

2011年12月22日発売
原作:崎谷はるひ

降矢信仁:森川智之
齋藤弘:福山潤

▼drama CD/あめの帰るところ

2012年発売
原作:朝丘戻。

能登匡志:日野聡
椎本千歳:梶裕貴

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

見ているだけじゃ我慢できない/高月まつり・天王寺ミオ

評価:
フロンティアワークス
¥ 580
(2008-02-13)

なんか、高月…っぽくない感じがするね。
文体が丁寧になっている気がする。新しい試みでもあったのかな。
話自体はいつも通りの高月作品。気構えずに楽に読むならもってこい、という感じは全く消えてなかった。

こんなハズじゃなかったのにさ/高月まつり・海奈

評価:
竹書房
¥ 600
(2007-05-25)

何も考えずに読めるただのラブコメディです
展開なんか気にならないし、多少の無茶も逆に許せる。ただし真剣に読みたいときには全くお勧めしませんwwぼけーっとした頭で軽いBLを貪りたい方に!
アダルトグッズの「素直にとろける君が好き」よりは大分ましかな、と思います


素直にとろける君が好き/高月まつり・櫻井しゅしゅしゅ

評価:
プランタン出版
---
(2006-12)

久しぶりの高月まつり。今までの作品も確かに変態チックだったけど、ここ最近の傾向は「マニアック」!。アダルトグッツの販売と営業の恋って…Uu
高月にシリアスを求めなければ、王道を求めるのもよした方が良いらしいww
コテコテ具合は相変わらずなのに、今回は少し変わった作風。もうネタもつきたということかしら??

あ・ぶ・な・いデザインルーム/高月まつり・タカツキノボル

評価:
プランタン出版
¥ 580
(2005-04)

高月節が炸裂してないけど、一体どうしたの?…って作品です。
兄弟ものを書くに当たって、兄弟故に抱える悩みだけでもシリアスに書くべきだし、この類の作品で、いつものテンションがないのは、すごく高月さんらしくないです。
両極端な高月が頑張って中和を計ったが、空回りしてしまった感じです。。。うーん、残念。

罪人たちの甘い薔薇/高月まつり・高宮東

評価:
オークラ出版
¥ 580
(2006-03)

もう一冊、高月作品で「ラブマシーンになりたい 」も借りたのですが、あれはちょっとどうしようもなかったので感想なしで。ぱらぱらとしか読んでません。本当にどうしようもなかった。
「ラブマシーン」を読んだすぐ後に「罪人たち」を呼んだのですが、本当に同じ作者か?と疑ってしまいました。ギャップ激しいww

以前読んだ『恋愛仁義』の雪路たちのお話はぐっとローテンションで読みやすくシリアスな感じで好きでしたが、今回は少しシリアス過ぎたかなという印象を受けました。
そして黎が腹黒すぎたかな。笑
前半からの満の心情がよくわからなかった部分は中盤で補えますが、黎の満に対する気持はどうも言葉を並べただけのように思えます。要するに薄っぺらい。

そして濡場。濡場になると満の言動が甘くなって、普段とのギャップが激しいです。設定上ギャップをつけることが必要かもしれませんが、やりすぎた。
若干のサスペンスも含みますが、こちらも少しぼやけていて、読む間は常に一歩引いた場所でページを捲っていた気がします。終わり方は曖昧ですがまぁ一番ベストな終わり方かなぁと。(当人達にとってはハッピーエンドだけど…)

以上からお勧めは星二つ半。やはり私は高月さんテンションでぐいぐい引っ張る感じが好き。

ボディガードは愛を継ぐ/高月まつり・蔵王大志

評価:
角川書店
¥ 540
(2005-12-28)

前作に懲りずに借りてきました。(友人から)
表紙の黒髪美男子は好き。だけど、ワンコ先輩は苦手。
そんなんで一冊読めるのか、自分。頑張ります。

いつも通りのアップテンポに加えて今回は穏香の天然ぷりが度を越えていて面白い。
天才で凄く可愛いロボットを作り出すくせにその矛先と言えば紗霧。確かに、「もっと人のためになるものを作れ」と言いたくなります。
ヒール役の浩登との終わり方は新鮮で良かったし、前作より場面転換が多い分読み応えがあります。(でもやっぱり濡場は物足りない)

高月さんの作品は、リアリティ重視、ストーリー重視、BLという言葉に囚われないくらいの作品が好きという方には、お勧めしません。

| 1/3PAGES | >>