calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

categories

▼drama CD/ダブル・バインド 2

2011年12月21発売
原作:英田サキ

森川智之:上條嘉成
興津和幸:瀬名智秋

▼drama CD/好きというのになぜかしら

2011年12月10日発売
原作:阿部あかね

武久:森川智之
由一:前野智昭

▼drama CD/オレンジのココロ−トマレ−

2012年発売予定
原作崎谷はるひ

栢野志宏:高橋広樹
相馬朗:代永翼

▼drama CD/心臓がふかく爆ぜている

2011年12月22日発売
原作:崎谷はるひ

降矢信仁:森川智之
齋藤弘:福山潤

▼drama CD/あめの帰るところ

2012年発売
原作:朝丘戻。

能登匡志:日野聡
椎本千歳:梶裕貴

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

妓楼の戀水/橘紅緒・宮城とおこ

評価:
大洋図書
¥ 903
(2007-03)

この世界観に慣れるまで30ページ。けれど後はいつものしっかりとした紅緒作品でした
予想はつくものの終わり方もたいへん良かった。文章も凝っていて読み手を飽きさません
現代モノでなくても筆力は変わらないようですね。とても心強い作家さんです


ラブシック/橘紅緒・笹上

評価:
講談社
---
(2006-12-02)

紅緒は神!と言いたくなる出来映え。
物語は淡々と進むのに、飽きさせない。じわじわとこの世界観に入り込んでいってしまう、妙な雰囲気があります。

いつも思いますが、紅緒作品は会話のテンポがとても良いです。ポンポン胸の中に入ってくる。単語一つ、文字一つの会話でもとても自然で、流れが途切れることがない。会話の中で、ん?と思った瞬間にふと現実に引き戻される心配がないので、安心して読めます。

笹上さん、挿絵初めてでしょうか?ハイレベルな絵を書く人は未だ居たんだなぁと思いました。
退化する奈良千春、成長しない北畠あけ乃。自分流を貫き通す紺野けい子。なんだかしっくりこないなぁと思っていた矢先、私のハートをギュッと掴みまくった方でした。これで終わりといわず、これからもBLの仕事をしてってほしいところです

専属契約/橘紅緒・北畠あけ乃

評価:
大洋図書
¥ 903
(2005-11-04)

久々にグッときました!最近、かなり昔の既刊ばっかり読んでるので、突如こういう本を読むとなおさら素晴らしく感じる…
展開はちゃんと予想がつくのに、表し方が他の作家と全く違うとこがあるんですよね。橘さんってイラストなんか別に必要ない作家だなぁと思います。
ん〜でも、北畠さんも高久さんみたい。挿し絵になると絵が白っぽくなっちゃう。残念。

橘紅緒作品、制覇する決意。

私立櫻丘学園寮 シリーズ/橘紅緒・北畠あけ乃

評価:
大洋図書
¥ 903
(2005-06-27)

評価:
大洋図書
¥ 903
(2006-04-24)

評価:
大洋図書
¥ 903
(2006-12-22)

特別読みやすいわけでもないし、描写が凄く巧いわけでもないのに、どうしてか引き込まれてしまう、魅力のある文章でした。
1作目は高等寮、非常にピュアで雨の匂いが蘇るお話。
2作目は中等寮、シリーズ中最もピュアで可愛いお話。
3作目は中〜高等寮、表紙の如く少しドロドロ、でも根っこにピュアがあるお話。

シリーズ3巻で時間軸はそれぞれ前後しますが、流れがスムーズなので読みやすいかと。
シリーズ全作お勧め。

| 1/1PAGES |