calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

categories

▼drama CD/ダブル・バインド 2

2011年12月21発売
原作:英田サキ

森川智之:上條嘉成
興津和幸:瀬名智秋

▼drama CD/好きというのになぜかしら

2011年12月10日発売
原作:阿部あかね

武久:森川智之
由一:前野智昭

▼drama CD/オレンジのココロ−トマレ−

2012年発売予定
原作崎谷はるひ

栢野志宏:高橋広樹
相馬朗:代永翼

▼drama CD/心臓がふかく爆ぜている

2011年12月22日発売
原作:崎谷はるひ

降矢信仁:森川智之
齋藤弘:福山潤

▼drama CD/あめの帰るところ

2012年発売
原作:朝丘戻。

能登匡志:日野聡
椎本千歳:梶裕貴

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

もう二度と離さない/樹生かなめ・奈良千春

評価:
講談社
¥ 578
(2006-08-02)

夜光花に負けず劣らずのサスペンステイスト。ホワイトハートでここまで書くとは、という感じですね
既に付き合っている設定から始まるのは新鮮だった。
昔話の部分は女の自分には、かなり酷でしたが、BL小説としては良かったと思う。
何はともあれ奈良千春の絵が美麗。美しいにも程がある。

黄昏に花が舞う/樹生かなめ・槇えびし

評価:
大洋図書
¥ 903
(2005-09-26)

またシリーズの二作目から読んでしまった。既に一作目を読む気はない。
話としては面白いけれど、これは本当にBLなのか?BLって何だっけ?と思う内容。憎きアマゾン。どうしてあんなに評価が高いの…?

不条理な男 シリーズ/樹生かなめ・奈良千春

不条理な男 愛されたがる男

奈良さんのイラスト、と帯のアオリ?に誘われて購入。
『世が世ならお殿様、とごくごく普通の一般人。ヤる、ヤらせろ、ヤれ、ってなにを?』←アオリ
というかこれ、「愛されたがる男」を先に読んでしまったのですが、シリーズの二作目だってことを、読み終わってからあとがき読んでもわからなかったです。

浮気性の邦衛と、邦衛以外好きになれない明人。
慣れ親しんだ幼馴染ということが前半場面だけでよく伝わってきます。普通のBLと少し違う雰囲気で、余計な言葉が無かったり、指示語で会話したり、日常生活の中を切り取ったような自然な空気が感じられました。

邦衛の無表情で少し子供っぽい部分はとても好き。
しかしながら、「邦衛の浮気癖は血筋だから一生治らない」とばかり繰り返されるとうんざりしてきます。明人以外には無頓着そうな性格なのにどうしてついつい手が出るのか不思議。血だとか、そういうことではなくて、もっと別の理由をつけて欲しかった。

途中に現れる友人二人との絡みも個人的には凄く好きでしたし、新しい登場人物も楽しめました。(物足りなかったけど)
総じて言うと、もっと二人を進展させてもらわないと、BLにならない…


| 1/1PAGES |