calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

categories

▼drama CD/ダブル・バインド 2

2011年12月21発売
原作:英田サキ

森川智之:上條嘉成
興津和幸:瀬名智秋

▼drama CD/好きというのになぜかしら

2011年12月10日発売
原作:阿部あかね

武久:森川智之
由一:前野智昭

▼drama CD/オレンジのココロ−トマレ−

2012年発売予定
原作崎谷はるひ

栢野志宏:高橋広樹
相馬朗:代永翼

▼drama CD/心臓がふかく爆ぜている

2011年12月22日発売
原作:崎谷はるひ

降矢信仁:森川智之
齋藤弘:福山潤

▼drama CD/あめの帰るところ

2012年発売
原作:朝丘戻。

能登匡志:日野聡
椎本千歳:梶裕貴

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

夜情にゆだねて/秀香穂里・ヤマダサクラコ

評価:
白泉社
¥ 540
(2006-02-21)

冊数こなしてるだけあって文は読みやすいけど、どっかで読んだようなお話。展開がありきたりで読んでいくうちにもうどうでもよくなってきました…涙
ヤマダサクラコの絵はとってもエロっちぃ!(褒めてる)
タイトルの意味はよくわかりません

黒い愛情/秀香穂里・奈良千春

評価:
竹書房
¥ 600
(2007-03-24)

中身は普っ通ーーーです
SMがどうのと言うけれど、まあ対した物ではなく、展開はというとヒール役が出てきたりでごくごく一般的。少しドロドロした雰囲気と、堕ちる感じが良かったかなという程度でした。
奈良の挿絵目当てで買う人が多いとは思うが、本当にただそれだけです。

ところで、私の中で秀香穂里といえばまず「チェックインで幕は上がる」のストイックなイメージを持っていたのですが、この作品でそれが払拭されてしまいました…

もはやラヴァーズは奈良千春なしでは生きていけないのでしょうか。。。

今宵、眼鏡クラブへ。/秀香穂里・やまかみ梨由

評価:
プランタン出版
---
(2006-10)

アマゾンレビュ絶賛。そしていつもの如く自分とは反比例…
や、同じく素敵!と言うのもあるのですよ。でも、ねぇ。

なんだか確実な別世界を感じてしまう作品でした。
眼鏡クラブの意味がよくわからなくって。。。トホホです。
普通のホストクラブではだめだったんですか?敢えて眼鏡クラブを選択した辺りがなんか、微妙です。こんなテンションのものを描く方でしたか、秀さんって…

各々のキャラクターはきっちり書かれていたので、一人一人のイメージはわきやすかったです。
でも、どこか人間味がないというか、リアルがない感じ。
細かく書く場所とそうでない部分の差がすごくあるなぁと思います。

チェックインで幕はあがる/秀香穂里・高久尚子

評価:
徳間書店
¥ 540
(2004-05-27)

例の如くあらすじ購入です。最近はあらすじ購入でも勘が働いてるのか好きなのが当たるんですよねー
高久さんがイラストということもあり、全体的に雰囲気が柔らかい印象です。

一種のゲームのようなビジネスの駆け引きと、所々の恋愛の駆け引き。
大人の恋愛の雰囲気、仕事への重き、一人ひとりの個性の確立と構成は確かにあり、個人的には好きな一冊!
だけど、全体の雰囲気はふんわりとした感があって、ぼやけている印象にも取れます。
起伏が激しいわけでもなく、平凡なストーリー展開でも楽しめる方にはお勧め☆

| 1/1PAGES |