calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

categories

▼drama CD/ダブル・バインド 2

2011年12月21発売
原作:英田サキ

森川智之:上條嘉成
興津和幸:瀬名智秋

▼drama CD/好きというのになぜかしら

2011年12月10日発売
原作:阿部あかね

武久:森川智之
由一:前野智昭

▼drama CD/オレンジのココロ−トマレ−

2012年発売予定
原作崎谷はるひ

栢野志宏:高橋広樹
相馬朗:代永翼

▼drama CD/心臓がふかく爆ぜている

2011年12月22日発売
原作:崎谷はるひ

降矢信仁:森川智之
齋藤弘:福山潤

▼drama CD/あめの帰るところ

2012年発売
原作:朝丘戻。

能登匡志:日野聡
椎本千歳:梶裕貴

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ずっと君が好きだった。/夜光花・文月あつよ

評価:
海王社
¥ 590
(2007-02)

前回の「水曜日〜」よりは断然マシです。二人の関係の変化もわかるし、演劇についても勉強したようです。違和感のようなものはなかったかなぁ。ただし、読んでいて気持ちが揺さぶらることはなく、全体的にたいへん大人しい作品でした。
まったりと、気合を入れないで読めるBLを欲している方にはお勧めかもしれない。ただしイラストに絶対的なものを求める方には保証しないので要注意です。

高校時代を思い出しました。舞台作るのって本当楽しいよね。

水曜日の悪夢/夜光花・稲荷家房之介

評価:
海王社
¥ 610
(2007-06)

こんな話全く面白くない。楽しくない。ボーイズラブじゃない。定価で買ったら怒り狂うかも。しかもこのオチでサスペンスと言うのは、(あおり参照)ちょっとどうしようもないんじゃ…??

中身は中途半端なのに最後の一行だけ綺麗に終わらせようなんていい度胸だ、と思った。夜光花はもっとうまいのを書く人だと思っていたのに…!!挽回を期待します

何故か(やはり)アマゾンでは高評価。。。

夜を閉じ込めた館/夜光花・小山宗祐

評価:
竹書房
¥ 600
(2007-01-25)

正直、BLじゃなくてよかったのではないか、と思いました。単なるサスペンスでいい。。。
BLにするには話が重すぎてやってらんないです。話に入り込むも何も…という気になってくる。
終わり方もどこかクサい。まさか、いやでもありえるかな、と思っていたけれど、本当にその手を使う、なんて、いろんな意味で驚いてしまいました。

イラスト、普段はBLなんて書かない人のようだ。(あとがき参照)
うーん…好きじゃない



シャンパーニュの吐息/夜光花・汞りょう

評価:
徳間書店
¥ 560
(2005-12-17)

夜光さんにしてはシンプルだなぁと思ったけど、本を閉じて、やはり夜光さんだったと一息。
ただ、最近のものと比べるとかなり冴えないし、意表をついた感じはあるけれどただそれだけという印象もする。



君を殺した夜/夜光花・小山田あみ

評価:
徳間書店
¥ 560
(2006-11-25)

夜光花といえばミステリーな作風!って印象が強かったんですが、こういうのもかけるんだなぁ。
キャラ文庫ということもあり大した期待はなかったんですけど(濡れ場的な意味で)、らしい展開でした。
ちなみにあらすじは見ない方がいいです。本当に!
私が夜光さんの作品でいつもワクワクするのは、言わずもがな濡場の乳首責めです!(キリッ)
イラストも綺麗。毎度ながらタイトルセンスが良いなぁ。

跪いて、永遠の愛を誓う。/夜光花・奈良千春

評価:
竹書房
¥ 600
(2006-07-22)

前作「月を抱いた」からかなりのブランク。(自分が読む前に友人に貸して貸して貸して…)
買ったのに読めてないという生殺し状態から、ようやく脱出しました。

良いお話です。ただの有能秘書×御曹司とかいう枠組みに入れたくないです。
予想を裏切るってところがすごくいいんです。というか、裏切り方が上手なんです!
強気受けスキーさんは、ぜひぜひ読んでみてください。ただし、序盤の激しさ(水原とほるのような松田美優のような)に耐えられる方。
あ、でも堕ちる系ではないので念のため。(←「エデン〜」から唯一のトラウマになりつつある私です)

とにかくエロい、開いた瞬間どぎまぎする奈良さんです。



| 1/2PAGES | >>