calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

categories

▼drama CD/ダブル・バインド 2

2011年12月21発売
原作:英田サキ

森川智之:上條嘉成
興津和幸:瀬名智秋

▼drama CD/好きというのになぜかしら

2011年12月10日発売
原作:阿部あかね

武久:森川智之
由一:前野智昭

▼drama CD/オレンジのココロ−トマレ−

2012年発売予定
原作崎谷はるひ

栢野志宏:高橋広樹
相馬朗:代永翼

▼drama CD/心臓がふかく爆ぜている

2011年12月22日発売
原作:崎谷はるひ

降矢信仁:森川智之
齋藤弘:福山潤

▼drama CD/あめの帰るところ

2012年発売
原作:朝丘戻。

能登匡志:日野聡
椎本千歳:梶裕貴

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

リロード シリーズ/いおかいつき・國沢智

リロード トゥルース (ラヴァーズ文庫) グロウバック (ラヴァーズ文庫 56) (ラヴァーズ文庫 56)

最近読んだ本の中で一番ツボを突かれたのがこちら。
正直に言うと、全然期待してなかったのです…お試しに読もう、と旅のお供に連れて行ったところ…やられてしまいました。
まず、設定が。ヤヴァイです。

攻×攻が凄く好きな私には大ヒット!明確な言葉はないけど確実に繋がっているような雰囲気と、リバになりかけな関係がツボです。(リバではないんだけど)
二人の関係や気持の変化は、はっきりと書かれているわけではないのですが、でもなーんとなくわかる。ヤッてから告白というのはアリなんですか。凄く好きです。そういうの。

ただ、一つ言わせて貰えば、二人が近づくきっかけになった事件が重くない。敢えてそうしたのでしょうが、少しぼかして書かれています。そんなに気になる部分ではないのですが、ぼかした分軽くなっている気がする、かな。

好きこそ恋の絶対 シリーズ/いおかいつき・奈良千春

好きこそ恋の絶対 君こそ僕の絶対 恋する絶対の法則 愛こそ明日の絶対 (幻冬舎ルチル文庫 (い2-6))

おまけCDまで全て。

恋愛映画の作り方/いおかいつき・高久尚子

評価:
徳間書店
¥ 540
(2006-12-16)

久々にまともないおか作品。イラストが高久なのも作品に合っていて好感触です。
映画好きとしては共感できる場面も多くて良し。芸術系をテーマにする作品は結構当たり外れが激しいので、良かったです
しかし高久尚子は何故いつも白黒になると途端に雑に見えるのでしょう…

運命の鍵開けます/いおかいつき・あじみね朔生

評価:
雄飛
¥ 893
(2006-09-29)

心底楽しみにしていたのに、見事に裏切られてしまいました。
同人誌を商業誌にするからには、それなりのものじゃないと。。。

本編200ページ、楽しめたのは最初の50ページまで。
何でかなぁ序盤凄くよかったのに後半はもう散文状態? 読んでて苛々したのは久しぶりです。
しかも「心の鍵」とかいう単語で締めくくられたら、もう即刻売りに行く決意。
番外編に至っては、いおか作品じゃないと思いたくなりました。読み終えて一晩経ちましたが、こんな文章を書くとは思わなかった。

挿絵はあじみね朔生さん。初めて見ましたが、私との相性は非常によろしくなかったです。挿絵無いほうがまだマシ。人体模型じっくり眺めてもらいたい。
これから読む方、買う方はあじみね朔生との相性も重視してみてください。

傲慢な愛は台詞にのせて/いおかいつき・紺野けい子

評価:
いおか いつき
プランタン出版
---
(2005-05-10)

上がり症の脚本家と天真爛漫な役者のお話。
業界モノはあまり好きじゃないのですが、これは演劇という中身の設定が厳密に決まっていて、とてもリアリティのあるお話でした。

最後まで意地を張り続ける亮ですが、『強気受』でもなく『健気受』でもなく、バランスの取れた性格が好感触です。実際はこんな人が圧倒的に多いんじゃないかなと思います。
対する大志の自信満々な態度は見ていてすっきりするというか、潔いというか。読んでいて大変面白いです。

気になった部分は、ラストの兄さんの言葉がやけに作為めいた感じがする点と、結局舞台が最後まで描かれなかった点です。折角だから舞台がどうなったか知りたかった。
しかしながら話の進み方としては、舞台の方も細かく書きつつ、二人の距離も段々と縮めていく、といった流れがスムーズに行われていきます。所々に大志が悪戯したりほのぼのした雰囲気が続くので気を張って読まなくていい作品だと思います!

紺野けい子さんのイラストも凄く可愛くて、話もとても好きでした。
4つか5つか迷いました…

| 1/1PAGES |