calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

categories

▼drama CD/ダブル・バインド 2

2011年12月21発売
原作:英田サキ

森川智之:上條嘉成
興津和幸:瀬名智秋

▼drama CD/好きというのになぜかしら

2011年12月10日発売
原作:阿部あかね

武久:森川智之
由一:前野智昭

▼drama CD/オレンジのココロ−トマレ−

2012年発売予定
原作崎谷はるひ

栢野志宏:高橋広樹
相馬朗:代永翼

▼drama CD/心臓がふかく爆ぜている

2011年12月22日発売
原作:崎谷はるひ

降矢信仁:森川智之
齋藤弘:福山潤

▼drama CD/あめの帰るところ

2012年発売
原作:朝丘戻。

能登匡志:日野聡
椎本千歳:梶裕貴

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

駆け引きはベッドの上で シリーズ/ふゆの仁子・奈良千春

駆け引きはベッドの上で 蜜約はスーツを脱いで 龍を飼う男 龍の後継者 華麗なる紳士のウェディング (ラヴァーズ文庫 41)
続きを読む >>

狡い男に愛されて・シリーズ/ふゆの仁子・陸裕千景子

評価:
¥ 500
(2004-11-29)

シリーズ通して、確かにふゆの仁子らしい展開でした。でも、誰にでも書けそう。。。
もう少しどろどろして欲しかったし、感情の起伏も激しすぎてついていけなかったです。物足りない感じは否めない。イラストは素敵。


冷たい男/ふゆの仁子・海老原由里

評価:
リブレ出版
¥ 893
(2007-08)

ふゆのらしいビジネスマンの話。
でも、時代の傾向だったのか、この時期の別作品と全く区別がつかないんです。なんか空気が同じです。展開もありきたり…
イラストがイラストだけに最後まで入り込めずこの評価…割かしお高めだったのですがUu

透明なココロ/ふゆの仁子・今市子

評価:
オークラ出版
¥ 900
(2003-10)

一見優しそうでずるい大人というところが良かった。
でも、これって書き下ろし部分を含めて、初めて成り立つ作品だと思うんですけど、どうでしょう?
雑誌で読んだ方は、本編のあの終わり方にムキーってなったりしなかったのかな。
今市子の絵がかなり違ってびっくりした。そんなに古いの…?

食うか食われるか/ふゆの仁子・円陣闇丸

評価:
フロンティアワークス
¥ 900
(2004-02)

なんだかぱっとしない。お互い何が好きになったわけ?意味がわかりません
周りや仕事をきっちり書いているくせに人物像がはっきりしないし、どのタイミングで好きになったのかなんて全くわかりませんでした…

結構お金かかったんだけどなぁ。。。

欲望という名の愛/ふゆの仁子・蓮川愛

評価:
フロンティアワークス
¥ 560
(2006-09)

最近、対して期待してない本は気に入り、素晴らしい期待を込めて購入した本は気に入らないという妙な法則ができております。今回は、前者で良かった。

倉科の気持の変化がいまいち掴めないけれど、とにかく樋口が好き、烏丸はもういいということで読むとすんなりいけるかなと思います。
あらすじと外れた部分はないので、(あらすじ優秀)そのまんま見ただけで判断できるかと思われる。
しかし、結局これも二人で闇の世界に、という感じでもう懲り懲り。
だから堕ちる系は…もういいです…><

…しかし、アマゾンレビュー本当頼りないな

| 1/1PAGES |