calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

categories

▼drama CD/ダブル・バインド 2

2011年12月21発売
原作:英田サキ

森川智之:上條嘉成
興津和幸:瀬名智秋

▼drama CD/好きというのになぜかしら

2011年12月10日発売
原作:阿部あかね

武久:森川智之
由一:前野智昭

▼drama CD/オレンジのココロ−トマレ−

2012年発売予定
原作崎谷はるひ

栢野志宏:高橋広樹
相馬朗:代永翼

▼drama CD/心臓がふかく爆ぜている

2011年12月22日発売
原作:崎谷はるひ

降矢信仁:森川智之
齋藤弘:福山潤

▼drama CD/あめの帰るところ

2012年発売
原作:朝丘戻。

能登匡志:日野聡
椎本千歳:梶裕貴

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

欲望の犬/中原一也・奈良千春

評価:
プランタン出版
---
(2006-12)

ちょっと読みにくかった。
受けの子の性格なんか、かなり分かりやすいのに、攻めの性格はイマイチ掴めない。
しかし話自体は、王道に忠実でラストもあっさり。(褒めてる)

ただ、イラストに少しばかり手抜きが感じられて残念である。奈良千春、もっと扇情的な絵が描ける筈では?気のせいならいいんですけど…

覗く瞳、濡れる心/中原一也・室上ハル

評価:
イーストプレス
---
(2004-10-29)

きた、再会モノ。表紙につられて買ってしまった。
好きでした。心情のすれ違い方も構成も丸々。
桐原の男の部分、そいで女の部分?しっかり肉付けされててよかったです。やっぱり両方持っていてこそのゲイだろ、と。そう思うわけで。
ラストでね、面白いシーンがあるんですけど、意外性があって良いなぁと思います。久瀬も潔いというか覚悟が凄いというか。男っぽいね。見せびらかすタイプはあまり好きではないんですけれども。

周りの人々の行動・言動で彼らの格好良さが充分伝わってきますが、彼ら自身はあまり自分のこと格好良いとかあんまり考えていないみたいで。心情では云ってるんですが、行動には現れてないです。さり気なくそういうのも出して欲しかったなぁ。
でも気になった点はそんなものでした。

今回も最後の最後までツンツンデレでございました。(好きだな自分も)
ここまで強気だと久瀬さんも一苦労です。でもそこがいいって云ってるんですから彼もある意味変人。

イラスト自体は凄く綺麗なんだけど、私の好みじゃなかったかなぁ。もうちょーっとトーン使ってほしい。

よくよく自分の棚を分析してみると、明らかに強気流され受が多いんですけれど、これはもしかして作家さんの好みなんじゃなくて私の好みなんだろうか。

愛してないと云ってくれ/中原一也・奈良千春

評価:
二見書房
¥ 600
(2006-04-28)

安かったので買ってしまいました。
予想していたより親父過ぎてなくてほっとした。
この親父、フェロモンかなり撒き散らしてますよ。いたるところに。

寂れて暗い病院の無駄に明るい照明が自然に頭に浮かんできます。始まり、描写が巧いです。
綺麗なのに男勝りな先生がやたらワイルドで素敵。そして彼を狙っている親父のフェロモンには本当に参りました。これはコロッといってしまいますね。いくらなんでも。

全体的にその土地の人々の暖かさが感じられて、ストーリー展開も急ではないですし、命の大切さみたいなものも組み込まれています。
中盤の展開も楽しめたのですが、さすがにヒール役はそればかりに徹してしまうものですね。なんかもっと他のが読みたいなぁ。受が捕まったりしないやつ。
義理の弟のお話なんかあったら、是非読みたいものですけどね。

でも、地の文でおっちゃんを連発するのはやめてほしい^^


| 1/1PAGES |