calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

categories

▼drama CD/ダブル・バインド 2

2011年12月21発売
原作:英田サキ

森川智之:上條嘉成
興津和幸:瀬名智秋

▼drama CD/好きというのになぜかしら

2011年12月10日発売
原作:阿部あかね

武久:森川智之
由一:前野智昭

▼drama CD/オレンジのココロ−トマレ−

2012年発売予定
原作崎谷はるひ

栢野志宏:高橋広樹
相馬朗:代永翼

▼drama CD/心臓がふかく爆ぜている

2011年12月22日発売
原作:崎谷はるひ

降矢信仁:森川智之
齋藤弘:福山潤

▼drama CD/あめの帰るところ

2012年発売
原作:朝丘戻。

能登匡志:日野聡
椎本千歳:梶裕貴

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.09.14 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

インヴィジブルリスク 1/崎谷はるひ

評価:
ムービック
---
(1999-10)

マチュアバンドのヴォーカルとベーシストの、ピュアなのにドロドロ恋愛。
はるひんがバンドもの!?大丈夫!?と失礼ながら思ったのですが、面白くてどんどん読んじゃいました 杉本くんのむっつり具合いいですね
あとバンドの進退もすごく面白い 
2巻でヒールさんが活躍したらどうしよう…ヒールさんはもういらないです

絵がまた昔っぽくていい 綺麗すぎなくて味があるというか
はっきり言えば汚いんだけど、なんとなく合ってるからフシギですよね

これね、もう10年前の作品ですよ!!日付見て驚きました
有名古本屋さんで発見して、心の中でうおぉぉーー古い!!と叫びました いやあ埋もれてたね、よくぞ売れないで残ってくれていたあんなところで。
しかし…2巻を読める日は来るのだろうか。。。

インクルージョン/崎谷はるひ・蓮川愛

評価:
幻冬舎コミックス
¥ 650
(2009-06-16)

展開は毎度の如くって感じです。
博多弁でしたねー 改訂した後だからかわかんないけど、博多出身の私にすらわかんない言葉がありました笑
それにしてもBL小説での方言の良さってのは、私にはイマイチピンとこないですね。。。

未紘がいい意味で平凡だったので、手出しちゃうおっちゃんもいやらしくなくって良かった
今回のヒール:下田さんお疲れさまでした…毎回思うけどさすがにあそこまでの変人いないんじゃないのか…?
なんだか不憫でかわいそうです

蓮川さんの絵は味があって、すごいよかった
照映は慈映のいとこなんですねー

ヒマワリのコトバ-チュウイ-/崎谷はるひ・ねこ田米蔵

評価:
崎谷 はるひ
幻冬舎コミックス
(2009-04-15)

アダルトカップルと聞いてすごく期待してたんですが、「あーちゃん」が思ったより子供で驚いた…!
んー…どうだろう。この面子でモラトリアムっぽい…感じが…なんか…
あと、やっぱり家族関係が異質すぎる!
そこが崎谷作品なんだろうけど…どうにかしてー><
これから展開する話がメインではなくて、8割が回想シーンで飽き易いカモしれません。
実際、私がちょっと飽きました…

オレンジのココロ-トマレ-/崎谷はるひ・ねこ田米蔵

評価:
崎谷 はるひ
幻冬舎コミックス
(2009-02)

アオゾラ〜よりもこっちのほうが好みだったなー先生カッコイイ!
三作品の中では一番好きでしたー
なんか、いらいらすることなく、正統派モラトリアムが読めたような。
朗みたいなタイプは本当、栢野みたいな人に出会えてよかった…!
んーでも崎谷作品で一番好きなのはやっぱギーチかなー…器がでかすぎます。。

アオゾラのキモチ-ススメ-/崎谷はるひ・ねこ田米蔵

評価:
崎谷 はるひ
幻冬舎コミックス
(2008-11-17)

んー…ヒールがすごかったです ねーはるひん、今回もヒールがUu
初めての、おとなしいだけじゃない、男の子だったけれども、攻めの子がまた奇抜で。。挿絵を気にしすぎる人はきついかもしれませんねUu

大人シリーズ/崎谷はるひ・ヤマダサクラコ

評価:
幻冬舎コミックス
¥ 620
(2006-07-15)

評価:
幻冬舎コミックス
¥ 580
(2008-06-16)

絵になる大人になれなくても
崎谷新作、またしても幻冬舎ルチルです
崎谷というだけであらすじ読まずに買ってしまったことに今さらながら気付いた。

さすがだなぁと思う作品。
またまた年季の入った想い。すれ違いにすれ違い、二人の学生時代の関係も、今の関係も、なるべくしてなったように思えます。
ブルーサウンドの聖司もそうだけど、崎谷さんは長年経って再会する話が凄く上手。
曖昧な気持に途惑うシーンでは真弓の純粋さが浮き彫りになっているのに、はっきり云うとストーリー展開がいつも通り。
多作品との違いはちゃんとあるのに、はっきりと認識できるのは番外編を読んでから。井原がどうして消えたのか、当時の真弓と何が在ったのか、真弓の純粋さに対する峻之の考えなどなど、番外編で次々と出てくるエピソードを本編にも幾つか登場させると本編も深くなったのでは…?


大人は愛を語れない
直海と宮本はもちろんのこと、一番気になったのが店のバイトの、遼だよねぇ

| 1/4PAGES | >>